外装材

UT-Crete

信頼できるセメントボードブランド、ユーティークリート。

UT-Crete安心できる耐久性。自由で美しいデザイン性。
そして、施工のしやすさとコスト。
建材に求められる高いクオリティを、 誰でもより手軽に。それが、ユーティークリートです。

1974年、アメリカの「Fin Pan社」によって開発され、日本でも数多く使われている オールラウンドな下地セメントボード。 30年以上の豊富な実績に裏付けされた優れた性能は、 あなたの信頼にきっと応えられるはずです。

ユーテイークリートは、超高熱の焼成炉等で生成される 「フライアッシュ」を混入することで、形状変化が少なく、 耐久性に優れたセメント系軽量コンクリートボード下地材です。

芯材には、軽石よりも軽い無機軽量骨材 「ボトムアッシュ」を埋め込んだポルトランドセメントを採用。ボード両面を耐アルカリ性のグラスファイバーメッシュで包み込み補強しています。
吸水性の無い「フライアッシュ」「ボトムアッシュ」の採用によって 熱変化や水に強く、耐久性能・耐クラック性能に優れています。

湿式塗装・タイル・天然石などの下地材として、 またしなやかで曲面壁にも適した、デザイン自山度の高い建材です。

ブライトン株式会社メーカーサイトはこちら
ブライトン株式会社

 

“しなやか”に、ひび割れを防止

ひび割れ防止ユーティークリートはクラックの原因となる、寒暖の差や朝露によるボードの伸縮が極めて少ないセメントボードです。

また、ボード内にごく微小なマイクロクラックを発生させることで、外部応力をボード内部である程度分散・吸収することができます。

この2つの機能・構造によって、壁面および目地部への応力の集中・伝達を低減し、衝撃や振動によるクラックも抑制します。

気候変化、寒さに強い

寒さに強いボード内に浸透した水の凍結(-20℃)と融解を繰り返す凍結融解試験(ASTMC666)において、常に水中でのテストでも、全く形状が変化しない結果を示しました。 アメリカの寒冷地や、北海道においての多数の施行実績が示す通り、寒さに強いのもユーティークリートの特長です。

優れた耐火性

耐火性防火法規上に必要な「45分準耐火構造」、「不燃材料」の認定を取得しています。 通気工法の複合断熱(外張りと充填断熱)で、木造三階住宅にも使用可能です。建材以外にも、釜や窯の外装化粧下地としても実績があります。

水に濡れても膨張せず、安心

水に強い物質自体の吸水性が非常に少ない無機系原料で構成されているユーテイークリートは、濡れても膨張すること なく、乾燥後にぽろぼろになったり腐ったりすることがありません。

このため外壁を始めと して、浴室、洗面所等の水廻り部の下地材としても使っていただける耐水性を実現しています。

通気構法にもしっかり対応

通気構法住宅性能表示項目の省エネルギー等級・劣化対策等級における最高等級取得の必須項目である通気構法に対応可能。躯体外壁と外塗装材の問に通気層を設け湿気を外に放出し、内部結露を防ぐことができます。

容易な現場加工で合理的な施工

容易な現場加工ユーティークリートは、丸鋸を使用して簡単に切断できるため、ボードの重ね張りなどによるデザイン性の高い、自由な施工が行なえます。

また、厚さ11mm、重さ12.1kg/平方メートルと軽量なため、ボードを支えながらのネジ止めが1人で行えるなど、施工に伴う作業人数を少なくすることができるため、コストダウンにもつながります。

あなたのイメージをかたちにする、自在なデザイン自由度。

あなたのイメージをかたちにする、自在なデザイン自由度。

目地のない、美しい大壁面を実現

無機質の骨材を使用することにより、伸縮が非常に少なく、さらに、このシステムのために開発された専用下地調整塗材と抜群のクラック抑制性能を誇る耐アルカリ性グラスファイバーメッシュ90により、目地のない大きな壁をすることが出来ます。 優れた弾力性・耐候性を誇る塗り仕上げ材「スタッコラースト‐E」と組み合わせることで、滑らかな美しい仕上げが可能になります。

1.8mまでの曲面に、しなやかに対応

1.8mまでの曲面に、しなやかに対応柔軟性に優れているため、曲面施工も自在です。 厚さ11mmのユーティークリートは最小曲げ半径1.800mmまでの曲面壁を施工現場で簡単に創り出せるため、デザイン性の高い建物でも安心して使用することができます。

フィニッシュも、あなたの思いのまま

塗り壁など湿式塗装材の他、タイル、煉瓦、天然石、擬石など様々な仕上げに対応しています。また、同じ壁面で塗り材とタイル、擬石などを組み合わせる場合の下地としても使用することができます。

フィニッシュも、あなたの思いのまま

さまざまな構造に対応し、合理的な施工プロセスを実現。

木構造下地

ユーティークリートの割り付けは横張り・千鳥状とし、窓などの開口部のカドに、ボードの継ぎ目がこないようにします。
セメントボードを軽くたわませ、面内に無数のマイクロクラックを発生させておくと、クラック抑制に効果があります。 

鉄骨構造下地

胴縁にCチャンネル(ピッチは455mm以内)を使用し、透湿防水シートは150mm以上重ねて貼り合わせます。
ユーティークリートの張り方と繋ぎ部の下地処理は木造建築の場合と同じです。

ページの先頭へ